2009年08月14日

ドルが下落した。

為替市場レポート

ドルが下落した。


(背景)
★7月の小売売上高が市場予想より減少した。
★ドイツの4−6 月実質GDP は予想外のプラス成長となった。

(対円での動き)
○1 ドル=95.40 円と、前日遅くの96.04 円と比べドル安でNY 時間の取引を終えた。

(対ユーロでの動き)
○1 ユーロ=1.4288 と、前日遅くの1.4196 と比べドル安でNY 時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続伸。ドルが下落したことが背景。ニューヨーク商業取引所COMEX の金先物12 月限は前日比4ドル高の1オンス=956.50 ドルで引けた。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。


posted by mori at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落。

為替市場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落。


(背景)
FOMCが、政策金利を事実上のゼロ金利に長期間据え置くことを示唆した。

(対円での動き)
○1ドル=95.92円と、前日遅くの95.93円と比べほぼ同じレベルでNY時間の取引を終了えた。

(対ユーロでの動き)
○1ユーロ=1.4226と、前日遅くの1.4153と比べドル安でNY時間の取引を終えた。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 14:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

ニューヨーク外国為替市場では円が上昇。

(為替市場レポート)

ニューヨーク外国為替市場では円が上昇。


(背景)
★金融株に悪材料が出、米国株は下落、安全逃避先としての円が買われた。
★連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を12日に控え、ドルが買われにくい地合だった。

(対円での動き)
○1ドル=95.93円と、前日遅くの97.07円と比べドル安でNY時間の取引を終えた。

(対ユーロでの動き)
○1ユーロ=1.4153と、前日遅くの1.4136と比べドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は反発。ドルの下落で代替投資としての金の需要が高まった。 ニューヨーク商業取引所COMEXの金先物12月限は前日比70セント高の1オンス=947.60ドルで取引を終了した。
posted by mori at 23:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューヨーク外国為替市場では円がユーロに対して反発。

(為替市場レポート)


ニューヨーク外国為替市場では円がユーロに対して反発。


(背景)
株安を背景に安全逃避先としての円が買われた。

(対円での動き)
○1ドル=97.07円と、前日遅くの97.51円と比べドル安でNY時間の取引を終えた。

(対ユーロでの動き)
○1ユーロ=1.4136と、前日遅くの1.4171と比べドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続落。株式下落とドルの上昇が背景。 ニューヨーク商業取引所COMEXの金先物12月限は前営業日比12.60ドル安の1オンス=946.90ドルで取引を終了した。
posted by mori at 23:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。


(背景)
7月の非農業部門雇用者数の減少幅が予想を下回ったことでドルに買いが集まった。日本の投資マネーが国外の高利回り資産に流れるとの観測が高まった。

○対ユーロでの動き
1 ユーロ=1.4171ドルと、前日遅くの1.4342ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=97円51銭と、前日遅くの95円43銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は3日続落。ドルが買われ、代替投資先としての金への需要が減退。ニューヨーク商業取引所COMEX部門の金先物12月限は前日比3.40ドル安の1オンス=959.50ドルで取引を終了した。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。


posted by mori at 11:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

ニューヨーク外国為替市場ではドルは対ユーロで上昇。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルは対ユーロで上昇。


(背景)
★英中銀が量的緩和を継続した。これは市場には予想外だった。
★7月の米雇用統計の発表を金曜に控え、投資家がたまった売り持ちを解消した。

○対ユーロでの動き
1 ユーロ=1.4342ドルと、前日遅くの1.4408ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=95円43銭と、前日遅くの94円88銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続落。ドルが対ユーロで上昇したことから、下落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12月限は前日比3.40ドル安の1オンス=962.90ドルで取引を終了した。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 10:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

ニューヨーク外国為替市場では円が上昇。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場では円が上昇。


(背景)
★米供給管理協会(ISM)が5日発表した7月の非製造業部門総合指数は46.4(前月47.0)と、予想(48.0)を下回った。
★7月の米民間部門の雇用者数は前月比37万1000人減少(先月は46万3000人減)し、予想(35万人減)より大きな減少幅となった。

○対ユーロでの動き
1 ユーロ=1.4408ドルと、前日遅くの1.4395ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=94円88銭と、前日遅くの95円26銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 12:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

ニューヨーク外国為替市場では、円が下落。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場では、円が下落。


(背景)
★世界的株高を背景に投資家のリスク許容度が低下。日本の投資家が海外の高利回り資産に投資するとの連想が働いた。

○対ユーロでの動き
1 ユーロ=1.4395ドルと、前日遅くの1.4410ドルと比べ、ドル高でNY時間の
取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=95円26銭と、前日遅くの95円22銭と比べ、ほぼ変わらずでNY時間の取引を終えた。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 11:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落。円は全主要通貨に対して下落。


(ドルの対ユーロ下落の背景)
★リセッションが緩和しつつある兆しを手掛かりに、安全への投資先としてのドルへの需要が後退した。
★欧州最大の銀行、英HSBCホールディングスが発表した上期純損益が市場予想に反して黒字となったほか、7月の英製造業統計がほぼ1年ぶりに生産活動の拡大を示す内容となった。

(円の対ドル下落の背景)
★7月の米製造業統計が予想を上回った。

○対ユーロでの動き
1 ユーロ=1.4410ドルと、前日遅くの1.4253ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=95円22銭と、前日遅くの94円62銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は上昇。ドルの下落を背景に代替投資先としての金への需要が強まり、ほぼ2カ月ぶり高値まで上昇した。中国と英国の製造業生産がいずれも拡大したほか、米国も縮小ペースが緩やかになったことで、安全への逃避先としてのドルへの需要が後退した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12月限は前営業日比3ドル(0.3%)高の1オンス=958.80ドルで取引を終了。一時は同966.90ドルと、6月5日以来の高値を付けた。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。

為替相場レポート


ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。


(背景)
米国の4−6月(第2四半期)実質国内総生産(GDP)が予想ほど悪化しなかったことで、安全な逃避先としてのドルへの需要が弱まった。対ポンドでドルは月間ベースで5カ月連続安と、過去5年間で最長の下落局面となった。7月の英消費者信頼感指数が2008年以来の高水準を維持したことが背景。

○対ユーロでの動き
1 ユーロ=1.4253ドルと、前日遅くの1.4066ドルと比べ、ドル安でNY時間の
取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=94円62銭と、前日遅くの95円55銭と比べ、ドル安でNY時間の取
引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は大幅続伸。米国の4−6月(第2四半期)実質国内総生産(GDP)の減少率が予想を下回ったことを手掛かりにドルが下げ、株が上昇したことで金への需要が高まった。 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12月限は前日比18.50ドル高の1オンス=955.80ドルで取引を終了。終値としては6月11日ぶり高値を付けた。
posted by mori at 13:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。