2008年03月29日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。


(背景)
FOMCが利下げを続ける半面、ECBは政策金利を維持するとの見方が強い。ECB政策委員会メンバーのウェーバー独連銀総裁は28日、インフレ抑制のために必要であればECBは利上げをするとの考えを示した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5802ドルと、前日遅くの1.5768ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=99円23銭と、前日遅くの99円77銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続落。原油などの商品相場が下落し、インフレヘッジとしての貴金属の魅力が弱まった。米国の景気失速で需要が弱まるとの観測が高まった。金は17日、1オンス=1033.90ドルと過去最高値を更新した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6月限は前日比17.50ドル(1.8%)安の1オンス=936.50ドルで取引を終えた。

posted by mori at 09:29 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで反発。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで反発。


(背景)
2007年第4四半期(10−12月)の米GDP統計で個人消費が上方修正されたことが背景。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5768ドルと、前日遅くの1.5837ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=99円77銭と、前日遅くの99円06銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は小反落。ドルが対ユーロで戻したことが背景。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比20セント安の1オンス=954ドルちょうどで取引を終えた。
posted by mori at 09:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落。


(背景)
FOMCが利下げを継続する一方、欧州中央銀行(ECB)は政策金利を維持するとの思惑からドル売りが優勢になった。2月の米耐久財受注額が予想外に減少する半面、3月の独企業景況感指数は予想に反して上昇。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5837ドルと、前日遅くの1.5613ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=99円06銭と、前日遅くの100円15銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続伸。ドルが対ユーロで下落したことが背景。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比14.20ドル(1.5%)高の1オンス=949.20ドルで取引を終えた。
posted by mori at 09:17 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

ドルが主要通貨すべてに対して下落。

NY為替相場レポート

ドルが主要通貨すべてに対して下落。


(背景)
3月の米消費者信頼感指数が予想以上に低下したことから、FOMCが4月29−30日の定例会合で最大0.5ポイントの利下げを実施するとの見方が広がった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5613ドルと、前日遅くの1.5421ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=100円15銭と、前日遅くの100円72銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は4日ぶりに反発。ユーロが大きく上げたため、金買いが膨らんだ。 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比16.30ドル(1.8%)高の1オンス=935ドルちょうどで取引を終えた。
posted by mori at 08:57 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

ニューヨーク外国為替市場では円とスイス・フランが対主要通貨で下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場では円とスイス・フランが対主要通貨で下落。


(背景)
@米国株が大幅高になった。
A米金融当局の利下げやその他の政策により、米景気が回復するとの観測も高まった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5421ドルと、前日遅くの1.5421ドルと比べ、同レベルでNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=100円72銭と、前日遅くの99円13銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は3営業日続落。ドルが上昇基調を維持した為。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前営業日比1.30ドル安の1オンス=918.70ドルで取引を終えた。




posted by mori at 09:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが商品生産国の通貨に対して広範に値を上げた。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが商品生産国の通貨に対して広範に値を上げた。


(背景)
@世界的な景気減速観測が広がるなか、金や原油を含む商品相場が急落。
A18日のFOMCでの利下げ幅が0.75ポイントだったことを受けて、商品相場の下落、ドル反発が進んだ。この利下げ幅は1ポイントの予想を下回るもので、インフレ高進に対するヘッジとしての金、原油の需要低下。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5421ドルと、前日遅くの1.5617ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=99円13銭と、前日遅くの98円90銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続落。ドルが上昇するなか、金相場は週間ベースでは1990年以来の大幅な下げとなった。 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比25.30ドル(2.7%)安の1オンス=920ドルで取引を終えた。週間ベースでは8%下落となった。銀や穀物等も下落した。


posted by mori at 08:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが円とスイス・フランに対して下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが円とスイス・フランに対して下落。


(背景)
(対円、スイス・フランでドルが下落した背景)
@1998年に破たんしたヘッジファンド、ロング・ターム・キャピタル・マネジメ
ント(LTCM)の創業者の1人だったジョン・メリーウェザー氏が運営する
投資会社が損失に直面しているとの懸念が高まった。
A住宅ローン大手ソーンバーグ・モーゲージが破産申請に追い込まれるとの見方
 が高まった。

(対ユーロでドルが上昇した背景)
欧州の一部銀行が資金難に直面しているとの観測が広がった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5617ドルと、前日遅くの1.5625ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=98円90銭と、前日遅くの99円80銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は急落、オンス当たり59ドルと過去最大の下げを記録。18日のFOMCでは予想を下回る利下げ幅となったことに加え、追加利下げはそれほど積極的なものにはならない可能性が示唆された。 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比5.9%安の1オンス=945.30ドルで取引を終えた。
posted by mori at 09:28 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが円とユーロに対して上昇。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが円とユーロに対して上昇。対円ではほぼ4年ぶりの大幅高となった。


(背景
@FOMCが0.75ポイントの大幅利下げを実施した。
Aゴールドマン・サックス・グループやリーマン・ブラザーズ・ホールディングスの第1四半期利益が予想を上回った。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5625ドルと、前日遅くの1.5727ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=99円80銭と、前日遅くの97円44銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は上昇。FOMCの利下げに伴いドル安が進行するとの観測が背景。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比1.70ドル(0.2%)高の1オンス=1004.30ドルで取引を終えた。しかし、取引後に発表されたFOMCの結果によると、FF金利誘導目標は0.75ポイント引き下げられて2.25%に設定されたことを受け、時間外取引で1オンス=1001.80ドルに下落。
posted by mori at 08:53 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。一時は、12年ぶりに1ドル=96円を割り込んだ。

(背景)
@16日にFRBが公定歩合の緊急引き下げを実施したことや、米銀JPモルガン・チェースによる証券大手ベアー・スターンズ買収が背景。
A明日のFOMCで1%利下げ観測が高まっている。
B上場先物・オプション取引で最大手のMFグローバルは、資金ひっ迫が他の証券会社にも波及する可能性があるとの懸念から、一時80%急落した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5727ドルと、前日遅くの1.5666ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=97円44銭と、前日遅くの99円25銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は上昇。世界的に株が急落していることが背景。 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前週末比3.10ドル(0.3%)高の1オンス=1002.60ドル。1000ドルを上回って引けたのは初めて。
posted by mori at 09:10 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

14日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。

NY為替相場レポート

14日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。ユーロに対して過去最安値を更新するとともに、円に対しては12年ぶりの安値を付けた。ドルはスイス・フランに対しても下落し、初めて1ドル=1スイス・フランを割り込んだ。

(背景)
JPモルガン・チェースとニューヨーク連銀が証券大手ベアー・スターンズに対する資金供給で合意したことから、信用市場の損失が拡大する可能性が示唆された。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5666ドルと、前日遅くの1.5636ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=99円25銭と、前日遅くの100円62銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続伸。一時オンス当たり1009ドルと最高値を更新。米ベアー・スターンズの緊急資金支援やドル下落が金需要を高めた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比5.70ドル(0.6%)高の1オンス=999.50ドル。
posted by mori at 09:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。朝方は一時、1995年以来初の1ドル=100円割れとなった。ドルは対ユーロで最安値を更新。


(背景)
米投資会社カーライル・グループ傘下の住宅ローン担保証券(MBS)ファンドが約166億ドルの債務でデフォルトとなった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5636ドルと、前日遅くの1.5343ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=100円62銭と、前日遅くの101円79銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
@ポールソン米財務長官は13日、経済のファンダメンタルズを反映した強いドルが米国の国益だと再度表明した。ブッシュ大統領は12日、強いドルを断固として望むと発言している。

Aニューヨーク金先物相場は続伸。一時は初めてオンス当たり1000ドルを上抜けた。信用市場の損失拡大を背景に、質への逃避としての金需要が高まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比13.30ドル(1.4%)高の1オンス=993.80ドル。一時は1001.50ドルと最高値を記録した。

posted by mori at 08:49 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

ドルがユーロに対して過去最安値を更新し、初めて1ユーロ=1.55ドル台を記録した。

NY為替相場レポート

ドルがユーロに対して過去最安値を更新し、初めて1ユーロ=1.55ドル台を記録した。


(背景)
FRBの信用危機対策でも、資金圧力と信用損失に歯止めをかけるには十分ではないとの懸念が高まった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5543ドルと、前日遅くの1.5335ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=101円79銭と、前日遅くの103円47銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続伸。ドルが対ユーロで最安値を更新したのが背景。
FRBの信用危機対策でも、信用収縮の緩和につながらないとの思惑からドルが売られた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比4.50ドル(0.5%)高の1オンス=980.50ドル。


posted by mori at 08:52 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

ドルが円に対して大幅高。

NY為替相場レポート

ドルが円に対して大幅高。


(背景)
米連邦準備制度理事会(FRB)が最大2000億ドル相当の米国債貸与、及び欧州中銀などとのスワップ枠拡大を発表した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5335ドルと、前日遅くの1.5349ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=103円47銭と、前日遅くの101円80銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。
posted by mori at 08:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

ニューヨーク外国為替市場では円が上昇。ただしドルは対ユーロで上昇。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場では円が上昇。ただしドルは対ユーロで上昇。


(対円で下落した背景)
@ベアー・スターンズの株価が資金不足の憶測を材料に下落した。
A7日発表の雇用統計を受け、緊急利下げ観測が出ていた。

(対ユーロで上昇した背景)
欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が「現在の環境における為替相場の過度の変動を懸念している」と述べた。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5349ドルと、前日遅くの1.5357ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=101円80銭と、前日遅くの102円69銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続落。

(背景)
@米国株式相場は3営業日連続で下落。投資家が流動化の対象として貴金属を売却している。
A先週の金相場は1オンス当たり995.20ドルの最高値を記録し、1,000ドルに接近したことで目標達成感が出た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比2.40ドル(0.2%)安の1オンス=971.80ドル。


posted by mori at 09:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

ニューヨーク外国為替市場ではドルがユーロに対して若干戻した。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルがユーロに対して若干戻した。


(背景)
雇用統計を受け、FOMCが18日の定例会合で大幅利下げを実施するとの見方が一段と強まり、ドルは対ユーロで最安値を更新。しかし、FRBが金融システムへの資金注入規模の拡大を発表すると、大幅利下げ観測がやや後退し、ドルは若干戻した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5357ドルと、前日遅くの1.5384ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=102円69銭と、前日遅くの102円67銭と比べ、ほぼ変わらずでNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続落。ドルが対ユーロ最安値から値を戻したため、金は下げに転じた。金は今週、1オンス=995.20ドルと最高値を更新したものの、1000ドルの節目を突破できなかったため、これを嫌気した売りも出た。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比2.90ドル(0.3%)安の1オンス=974.20ドル。
posted by mori at 09:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで最安値を更新。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで最安値を更新。


(背景)
@ソーンバーグ・モーゲージとカーライル・グループ傘下のファンドがいず
れもデフォルト(債務不履行)の通知を受けた。
A米国株の急落。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5384ドルと、前日遅くの1.5274ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=102円67銭と、前日遅くの104円07銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は反落。利食いが背景。金相場はテクニカルな抵抗線に達した可能性があるとの見方が出た。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比11.40ドル(1.2%)安の1オンス=977.10ドル。
posted by mori at 08:36 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで最安値を更新。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで最安値を更新。


(背景)
米供給管理協会(ISM)が発表した2月の非製造業総合景況指数が改善したが、モノライン、アムバックの増資条件が歓迎されなかったことや、地区連銀経済報告(ベージュブック)が景気悪化を報告したことから、利下げ継続観測が高まった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5274ドルと、前日遅くの1.5213ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=104円07銭と、前日遅くの103円32銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は大幅反発。過去最高値を更新した。ドルが対ユーロで最安値を付け、原油相場が1バレル=104ドルを突破したため、インフレ懸念が強まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比22.20ドル(2.3%)高の1オンス=988.50ドルと終値ベースでの最
高値を更新した。一時は995.20ドルと、取引時間中の最高値を付けた。
posted by mori at 09:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

ニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで6日続伸。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで6日続伸。


(背景)
住宅ローン関連証券の評価損が拡大するとの思惑から株式相場が下げたため、円買いが優勢になった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5213ドルと、前日遅くの1.5205ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=103円32銭と、前日遅くの103円47銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は反落。原油相場が下げたため、インフレヘッジ目的の金需要が弱まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比17.90ドル安の1オンス=966.30ドルで終えた。




posted by mori at 09:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで最安値を更新した後戻した。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで最安値を更新した後戻した。


(背景)
★ルクセンブルクのユンケル首相兼財務相がユーロ高について、懸念を強めていると発言した。 
★ポールソン米財務長官は3日、強いドルを望んでいるとの見解をあらためて強調し、ドルは底堅い米経済のファンダメンタルズを最終的には反映するとの考えを明らかにした。
★トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁は3日、米国政府が強いドルを支持しているのは非常に重要だと述べた。


○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5205ドルと、前日遅くの1.5223ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=103円47銭と、前日遅くの103円76銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
★ニューヨーク金先物相場は続伸。過去最高値を更新した。ドルが対ユーロで一時最安値を更新し、商品相場も続伸しており、インフレ懸念が強まり、買いが膨らんだ。銀は1980年以来の高値。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前週末比9.20ドル(0.9%)高の1オンス=984.20ドルで終えた。
posted by mori at 08:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

ニューヨーク外国為替市場はドルが対円で3年ぶり安値に下落

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場はドルが対円で3年ぶり安値に下落、対ユーロでは過去最安値を更新した。


(背景)
★前日のバーナンキ発言で、リセッション懸念が再燃。また、ある程度インフレに目をつぶっても、景気下振れリスクに対処するスタンスが示された。
★2月のシカゴ購買部協会景気指数は2001年12月以来の最低に落ち込んだ。
★欧州連合統計局(ユーロスタット)が29日発表した1月のユーロ圏消費者物価指数(改定値)は前年同月比3.2%上昇(前月は3.1%上昇)と、14年ぶりの高い伸び率となった。エネルギーと食料品の値上がりが影響した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5223ドルと、前日遅くの1.5223ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=103円76銭と、前日遅くの105円32銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続伸。米金利低下でドル安が進行し、インフレが加速するとの見方を背景に、ヘッジの側面から買われた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4月限は前日比7.50ドル(0.8%)高の1オンス=975ドルで終え、終値ベースでの最高値を更新した。
posted by mori at 08:29 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。