2008年07月31日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロでしっかり。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロでしっかり。


(背景)
民間部門の雇用者数が予想外に増加したことを好感した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5579ドルと、前日遅くの1.5587ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=108円07銭と、前日遅くの108円11銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続落、1カ月ぶり安値に下げた。ドルが対ユーロで続伸したことから代替投資先としての金需要が低下した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12月限は前日比14.10ドル(1.5%)安の1オンス=912.30ドル。
posted by mori at 09:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロ、対円で1カ月ぶりの高値に上昇。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロ、対円で1カ月ぶりの高値に上昇。


(背景)
@7月の米消費者信頼感指数は51.9(前月は51)と、予想(50.1)を若干上回った。
A米証券大手のメリルリンチが公募増資(85億ドル)と債務担保証券(CDO)の処分売りを発表したことから、信用危機は最悪期を過ぎたとの期待が浮上。
B原油急落。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5587ドルと、前日遅くの1.5745ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=108円11銭と、前日遅くの107円45銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は反落。ドル上昇と原油反落でインフレヘッジとしての金需要が弱まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12月限は前日比11.40ドル(1.2%)安の1オンス=926.40ドル。
posted by mori at 09:16 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

ニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対して下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対して下落。


(背景)
ドイツのIfo経済研究所が発表した7月の企業景況感指数が低下したことを受けて、投資家の間で欧州中央銀行(ECB)が年内に追加利上げを実施するとの観測が後退した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5676ドルと、前日遅くの1.5698ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=107円39銭と、前日遅くの107円89銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は3日続落。ドルがユーロに対して2週ぶり高値に上昇し、代替投資としての金の魅力が損なわれた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前日比50セント安の1オンス=922.30ドル。一時は915.90ドルまで下げた。
posted by mori at 10:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

ドルがしっかり。

NY為替相場レポート

ドルがしっかり。


(背景)
@住宅金融のファニーメイ(米連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)に対する政府の支援法案可決が有力視されていたほか、原油相場の下落も支援材料となった。
A金融業界に安定化の兆しがみられてきたことから、FOMCが、9月の会合では利上げに踏み切るとの観測につながったことも強材料だった。フィラデルフィア連銀のプロッサー総裁は、住宅価格が下落しても利上げの可能性は排除しない
との見解を示した。
B世界的な需要低下とコスト高に苦しむ輸出業界を支えるため、中国当局が人民元の上昇ペースを抑制するとの観測が出ている。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5698ドルと、前日遅くの1.5787ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=107円89銭と、前日遅くの107円29銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は下落。6週ぶ りの大幅安だった。エネルギーコストが下落し、ドルが上昇するなかでインフレヘッジ策としての金需要が減退している。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前日比25.70ドル(2.7%)安の1オンス=922.80ドル。6月10日以来の大幅安だった。終値としては6月26日以来の安値。
posted by mori at 08:58 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが反発。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが反発。


(背景)
@ポールソン米財務長官が強いドルへの支持を表明した。
Aフィラデルフィア連銀のプロッサー総裁が利上げの必要性を指摘した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5787ドルと、前日遅くの1.5922ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=107円29銭と、前日遅くの106円41銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は下落。エネルギーコストの低下とドル上昇でインフレヘッジ策としての金需要が減退した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前日比15.20ドル(1.6%)安の1オンス=948.50ドル。
posted by mori at 15:15 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

ドルが下落。

NY為替相場レポート

ドルが下落。


(背景)
@米国株の反落。
A6月の米景気先行指標総合指数(LEI)が低下。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5922ドルと、前日遅くの1.5844ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=106円41銭と、前日遅くの106円95銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は上昇。原油価格の反発が材料となった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前週末比5.70ドル(0.6%)高の1オンス=963.70ドル。
posted by mori at 10:47 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

ドルが週間ベースで、ユーロに対して上昇。

NY為替相場レポート

ドルが週間ベースで、ユーロに対して上昇。


(背景)
サブプライム関連の信用危機を米銀が乗り切ったとの観測から、買いが優勢となった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5844ドルと、前日遅くの1.5858ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=106円95銭と、前日遅くの106円23銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は反発。株式市場が上昇して、金の需要が弱まわったことが背景。金融危機の場合、金は安全投資として、逃避先としてみなされる傾向が多いが、金融の信用危機は乗り切れた、との観測が出たことが、株式を押し上げ、金への需要を弱めた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前日比12.70ドル(0.8%)安の1オンス=958.00ドル。

posted by mori at 11:37 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対円で上昇。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対円で上昇。


(背景)
原油相場の下落が株高につながりキャリー取引が活発になった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5858ドルと、前日遅くの1.5819ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=106円23銭と、前日遅くの105円10銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は反発。6月の米一戸建て住宅着工件数は17年ぶりの低水準となった。ドルは対ユーロで下落した。15日、ユーロに対して最安値を更新している。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前日比8ドル(0.8%)高の1オンス=970.70ドル。
posted by mori at 09:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

ドルが対ユーロで上昇。

NY為替相場レポート

ドルが対ユーロで上昇。


(背景)
原油相場の下落や、ウェルズ・ファーゴの好業績を受けて、株式市場が上昇したのを受け、ドル買い・ユーロ売りが優勢となった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5819ドルと、前日遅くの1.5918ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=105円10銭と、前日遅くの104円61銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。
posted by mori at 08:49 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。ドルは一時対ユーロで最安値を更新。


(背景)
バーナンキFRB議長が議会証言で、景気減速とインフレ高進の両リスクが高まっているとの認識を示した。とりわけ、金融市場の正常化への支援が引き続き最優先事項であるとの考えも示したことからドルが売られた。ただし、ドイツの欧州経済研究所センター(ZEW)が発表した7月のドイツ景況感指数(期待指数)は1991年の指数開始以来の最低水準に落ち込んだ。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5918ドルと、前日遅くの1.5906ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=104円61銭と、前日遅くの106円12銭銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は5日続伸。3月以来の高水準を付けた。株式相場の軟調とドルの下落を背景に、代替投資としての需要が高まった。信用市場の混乱で金融株がさらに下げるとの懸念からアジアや欧米で株安となった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前日比5ドル(0.5%)高の1オンス=978.70ドル。
posted by mori at 09:13 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

ドルが反発。

NY為替相場レポート

ドルが反発。


(背景)
ポールソン米財務長官が13日、政府系住宅金融会社、米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)について、救済し、金融危機回避へ全力を挙げる姿勢を鮮明にしたことからドル買いが入った。ただし、地銀損失拡大見通しから米株が下落したことから、ドルは伸び悩み気味となった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5906ドルと、前日遅くの1.5926ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=106円12銭と、前日遅くの104円45銭銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は4営業日続伸。米国あるいはイスラエルがイラン攻撃を準備しているとの思惑が強まり、安全資産としての金需要が高まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前週末比13.10ドル(1.4%)高の1オンス=973.70ドルと、3月19日以来の高値となった。
posted by mori at 10:15 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

ドルが下落。

NY為替相場レポート

ドルが下落。


(背景)
ファニーメイ とフレディマックに対し、米政府が支援に追い込まれるとの観測から、その際、米国債の最高格付けが引き下げられる可能性があるとの見方が出たことや、金融株続落で信用不安が根強い。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5926ドルと、前日遅くの1.5786ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=104円45銭と、前日遅くの107円05銭銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。
posted by mori at 18:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

対ユーロでの動き

NY為替相場レポート


○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5786ドルと、前日遅くの1.5745ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=107円5銭と、前日遅くの106円72銭銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続伸。イランの核開発プログラムに関して、緊張が高まっていることと、株安の影響で商品の需要が高まったことが要因。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前日比13.40ドル(1.4%)高の1オンス=942ドル。

posted by mori at 08:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。


(背景)
@イランがイスラエルに到達可能な中長距離ミサイルを試射したと発表し、原油相場が上昇したのが材料。
A金融株に悪材料が複数出た。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5745ドルと、前日遅くの1.5665ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=106円72銭と、前日遅くの107円49銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は4営業日ぶりに上昇。ドル下落が背景。イランの中長距離ミサイル試射を受けて、原油先物相場は3カ月ぶりの大幅下落から反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前日比5.30ドル(0.6%)高の1オンス=928.60ドル。
posted by mori at 08:58 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。


(背景)
@バーナンキFRB議長が連銀窓口での証券会社向け貸し出しについて2009年まで延長する可能性があると明らかにした。
A原油相場が下落。
B米連邦住宅公社監督局(OFHEO)のロックハート局長は8日、米政府系住宅金融のファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)が住宅市場の低迷を乗り切り、新会計基準を満たすのに十分な資本を保有しているとの見解を明らかにした。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5665ドルと、前日遅くの1.5722ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=107円49銭と、前日遅くの107円18銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
@ニューヨーク金先物相場は3営業日続落。原油価格の大幅下落が背景。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前日比5.50ドル(0.6%)安の1オンス=923.30ドル。
Aゲイン・キャピタル傘下FOREX・ドット・コムのチーフ為替ストラテジスト、ブライアン・ドーラン氏がドル相場について以下のようにコメントした。
  (発言要旨)
★対円のドル相場について、200日移動平均は現在、1ドル=107円65銭前後にある。今のところ、その水準が堅い上値抵抗線になっているようで、105円から107円台後半の間で引き続き推移するだろう。
★米国の景気見通しと金利水準から考えて、ドルが上昇し始めると考える理由はほとんどない。しかるに、ドル軟化を防ぐ支援要因もある。そのため、過去2カ月間のようにレンジ内にとどまるだろう。
posted by mori at 08:46 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが反発。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが反発。


(背景)
@主要国首脳会議(洞爺湖サミット)に出席のため日本を訪問しているブッシュ大統領は6日、強いドルへの支持を繰り返し表明した。
Aバンク・オブ・アメリカのグローバル証券戦略責任者、ロバート・シンチ氏は、ユーロ高が鈍化しつつある兆候が幾分みられるとコメント。この日発表されたドイツの鉱工業生産指数は非常に弱かった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5722ドルと、前日遅くの1.5793ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=107円18銭と、前日遅くの106円68銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続落。原油相場が一時、バレル当たり5ドル下落したことを受けた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前営業日比4.80ドル(0.5%)安の1オンス=928.80ドル。
posted by mori at 09:04 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが、ドルに対して、3週間で最大の下落となった。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが、ドルに対して、3週間で最大の下落となった。


(背景)
欧州中央銀行が追加利上げを行わない可能性があるとの見方を示したことで、ユーロの売りにつながった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5793ドルと、前日遅くの1.5793ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=106円68銭と、前日遅くの106円14銭とと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。
posted by mori at 08:42 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落。


(背景)
民間部門の雇用者数が予想以上に減少したこご、原油価格と住宅市場の低迷が懸念された。また、9月までに1.69ドルをつけるとのシティグループの見通しに反応した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5879ドルと、前日遅くの1.5793ドルと比べ、ドル安で取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=105円88銭と、前日遅くの106円14銭と比べ、ドル安で取引を終えた。
posted by mori at 08:46 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落。


(背景)
原油相場が上昇したことで、エネルギー価格高騰が、景気を圧迫する可能性がるとの懸念が広がった。また、ドルはユーロに対して3週間ぶりの安値に近づいた。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5793ドルと、前日遅くの1.5793ドルと比べ、同水準で取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=106円14銭と、前日遅くの106円14銭と同水準で取引きを終えた。
posted by mori at 09:13 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

ニューヨーク外国為替市場ではドルがユーロに対して上昇。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルがユーロに対して上昇。


○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.5747ドルと、前日遅くの1.5793ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=106円19銭と、前日遅くの106円14銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は下落。ドルが対ユーロで下落したことで、金の魅力が低下した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は前日比3ドル(0.3%)安の1オンス=928.30ドル。
posted by mori at 08:52 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。