2009年02月28日

27日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロ上昇。

NY為替相場レポート

27日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロ上昇。


(背景)
@英銀ロイズ・バンキング・グループの株価が27日のロンドン市場で急落した。不良資産による損失から銀行を保護する政府の保証プログラムについて具体的な合意を発表しなかったことが嫌気された。
A運用会社のヘイマンン・アドバイザーズ(テキサス州ダラス)は、欧州経済通貨同盟(EMU)が解体のリスクにさらされているとの見方を示した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2673ドルと、前日遅くの1.2735ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=97円71銭と、前日遅くの98円36銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は5日続落。週間ベースでは3週間ぶりに下げに転じた。  米財務省がシティグループに対する3回目の救済策で合意したことで、信用危機と景気後退が一段と深刻化するとの懸念が広がり、逃避先としてのドル需要が強まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は前日比10セント安の1オンス=942.50ドルで終了した。週間ベースでは6%下げた。

posted by mori at 12:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

26日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが上昇。

NY為替相場レポート

26日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが上昇。


(背景)
オバマ米大統領が議会に提出した予算教書で、金融支援として新たに最大7500億ドル(約73兆9300億円)を求めたことが好感された。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2735ドルと、前日遅くの1.2744ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=98円36銭と、前日遅くの97円58銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
@ニューヨーク金先物相場は4日続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は前日比23.60ドル(2.4%)安の1オンス=942.60ドルで終了した。
A26日のニューヨーク銅先物相場は一時、約2週間ぶりの高値を付けた。米国や中国の財政出動で金属需要が回復するとの見方が広がった。商品取引会社トラフィグラ・ビヒールによると、中国は景気刺激策で消費が維持されるなかで、今年の銅精製品の輸入が37%増える可能性があると言う。また、オバマ米大統領が提出した予算教書では、金融支援として新たに最大7500億ドルが盛り込まれた。銅相場は今週10%上昇している。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場5月限終値は4日続伸し、前日比4.2セント(2.7%)高の1ポンド
posted by mori at 10:51 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

25日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが上昇。

NY為替相場レポート

25日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが上昇。円は対ドルで3ヶ月ぶりの安値まで下落。


(背景)
@日本の貿易赤字が1980年以来で最悪の赤字を記録したことを受け、逃避先としての円需要が薄れた。
Aバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は議会証言で銀行を国有化する計画がないことを強調。また、オバマ大統領は24日夜の議会での演説で、リセッションは米国が抱える問題を解決する好機であると述べた。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2744ドルと、前日遅くの1.2836ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=97円58銭と、前日遅くの96円84銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
@ニューヨーク金先物相場は3日続落。バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長、オバマ大統領が景気に強気発言を行った。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は前日比3.30ドル(0.3%)安の1オンス=966.20ドルで終了した。
A25日のニューヨーク銅先物相場は3日続伸。財政出動により信用市場の凍結が緩和し、景気が持ち直すとの楽観的見方が出てきた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場5月限終値は前日比3.7セント(2.5%)高の1ポンド当たり1.537ドル。
posted by mori at 09:29 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

24日のニューヨーク外国為替市場では、円が対ドルで下落。

NY為替相場レポート

24日のニューヨーク外国為替市場では、円が対ドルで下落。昨年11月以降初めて1ドル=96円台に乗せる円安となった。


(背景)
@バーナンキFRB議長が、政府と議会、FRBの行動が金融の安定化につながれば、現在のリセッションが09年中に終わり、10年は回復の年となるだろうと証言した。
A日本経済の悪化が深刻化するとともに、麻生首相の支持率低下も円売り材料となった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2836ドルと、前日遅くの1.2706ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=96円84銭と、前日遅くの94円53銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続落。過去6週間で最大の下げとなった。先週1000ドルを超えたことから、売り先行の展開が続いている。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は前日比25.50ドル(2.6%)安の1オンス=969.50ドルで終了した。
posted by mori at 09:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

23日のニューヨーク外国為替市場では、円が全主要通貨に対して下落。

NY為替相場レポート

23日のニューヨーク外国為替市場では、円が全主要通貨に対して下落。


(背景)
米金融監督当局が銀行システムへの支援を表明したことから、逃避先としての円需要が弱まった。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場でも日本国債を保証するコストが高騰している。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2706ドルと、前日遅くの1.2847ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=94円53銭と、前日遅くの93円17銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は反落。高値をつけた後だけに利食い先行の動きだった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は前週末比7.20ドル(0.7%)安の1オンス=995ドルちょうどで終了した。
posted by mori at 09:29 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

20日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。

NY為替相場レポート

20日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。ドルは対スイス・フラン、円、オーストラリア・ドルでも下落。


(背景)
ここもと買われてきただけに、週末前にドル売り圧力増す。ドルは相場下落とともに損失を限定するための売りが誘発された。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2847ドルと、前日遅くの1.2659ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=93円17銭と、前日遅くの94円29銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場はほぼ1年ぶりに1オンス=1000ドルを突破。株価の続落と景気後退の深刻化を背景に投資家の不安が高まり、価値保存手段として金に対する需要が高まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は前日比25.70ドル(2.6%)高い1オンス=1002.20ドルで終了した。一時は昨年3月18日以来の高値である1オンス=1007.70ドルまで上昇した。
posted by mori at 10:06 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

19日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで反発。

NY為替相場レポート

19日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで反発。


(背景)
ゴールドマン・サックスは、ユーロは6%以上値上がりして1ユーロ=1.35ドルに達するとの見通しを発表した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2659ドルと、前日遅くの1.2534ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=94円29銭と、前日遅くの93円80銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は今週に入り初めて下落した。7日間の相対力指数(RSI)は3営業日連続で70を上回った。これは相場が短期で下落する可能性を示唆。1000ドルの大台を目前にして上値は重くなっている。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は前日比1.7ドル(0.2%)安の1オンス=976.50ドルで終了した。
posted by mori at 09:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

18日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇した。

NY為替相場レポート

18日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇した。


(背景)
オバマ大統領が住宅差し押さえ抑制を目指し、規模750億ドル(約7兆200億円)の住宅支援計画を発表した。住宅支援策が米経済の回復を助け、安全投資としての円への需要が弱まるとの観測が広がった。米国は他の国々よりも問題に取り組んでいるのに対し、欧州は対応が遅いとの見方も背景にある。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2534ドルと、前日遅くの1.2616ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=93円80銭と、前日遅くの92円42銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
@ニューヨーク金先物相場は続伸。リセッションが深刻化するとの懸念から、安全逃避先として金が買いを集めた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は前日比10.70ドル(1.1%)高の1オンス=978.20ドルで終了した。
A18日のニューヨーク銅先物相場は上昇となった。ロンドン金属取引所(LME)の指定倉庫の銅在庫が減少したことが好感された。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場5月限終値は前日比1.2セント(0.8%)高の1ポンド当たり1.4545ドル。
posted by mori at 08:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。


(背景)
@ムーディーズ・インベスターズ・サービスは東欧の景気悪化に伴い、同地域で子会社を通じて事業を展開するオーストリアやスウェーデンなどの銀行の格付けを引き下げる可能性に言及。これを受け、ユーロが対ドルで売られた。
A日本の2008年10−12月期実質国内総生産(GDP)が大幅に落ち込んだことを受け、景気不安が再浮上した。また、中川財務相兼金融担当相辞任も麻生政権に打撃と受け止められ、円安要因となった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2616ドルと、前日遅くの1.2884ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=92円42銭と、前日遅くの91円93銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

   (ご参考)
@ニューヨーク金先物相場は上昇。低金利に加え政府支出が重なり、通貨価値が押し下げられるとの観測が広がり、価値保存手段としての金の魅力が引き続き高い。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は前営業日比25.30ドル(2.7%)高の1オンス=967.50ドルで終了した。
Aニューヨーク銅先物相場は約3カ月ぶりの大幅下落。世界的な景気低迷で銅の実需が減少している兆しが影響した。米国のリセッションが深刻化していることが示唆された。低調な消費を背景に、ロンドン金属取引所(LME)の指定倉庫の銅在庫は年初来で55%増加している。先週の銅相場は4.5%下げた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場5月限終値は前営業日比11.2セント(7.2%)安の1ポンド当たり1.4425ドルと、中心限月の取引としては昨年10月30日以来で最大の下げを記録した。
posted by mori at 09:56 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。

(背景)
@米財務省は13日、声明を発表し、ガイトナー長官がG7で、金融危機からの脱却に向け各国に異例の措置を取るよう呼び掛けることを明らかにした。
A政府が住宅所有者に補助金を出し、住宅ローン金利を引き下げる提案が出ている。ガイトナー米財務長官は数日中か1週間以内にもこの計画を発表する意向。


○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2884ドルと、前日遅くの1.2868ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=91円93銭と、前日遅くの90円97銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は反落。前日までの3日間の上げで、昨年7月以来の高値を付けたため、高値警戒感から買いが後退した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEXの金先物相場4月限は前日比7ドル(0.7%)安の1オンス=942.20ドルで終了した。
posted by mori at 10:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇した。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇した。


(背景)
12月のユーロ圏鉱工業生産指数が同統計開始以来の最低水準に落ち込んだことで、利下げの可能性が高まった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2868ドルと、前日遅くの1.2900ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=90円97銭と、前日遅くの90円43銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
@ニューヨーク金先物相場は3日続伸。リセッションと金融危機が深刻化するとの懸念から価値保存手段としての需要が高まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は前日比4.70ドル(0.5%)高の1オンス=949.20ドルで終了した。

A12日のニューヨーク銅先物相場は4日続落し、年初来で最長の下落となった。米国の景気対策が経済の持ち直しにつながらないとの観測が高まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場3月限終値は前日比0.55セント(0.4%)安の1ポンド当たり1.5345ドル。
posted by mori at 08:59 | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

ドルは小動きだった。

NY為替相場レポート

ドルは小動きだった。


(背景)
金融安定化策の具体性が欠ける中、景気対策が上下院で合意に近づいているとのポジティブ材料がドルの支援材料となった。ただ、方向性のない展開だった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2900ドルと、前日遅くの1.2885ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=90円43銭と、前日遅くの90円27銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
@ニューヨーク金先物相場は大幅続伸。昨 年7月以来の高値を付けた。米政府の金融安定化策では景気は回復しないとの見方から安全資産としての需要が高まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は、前日比30.30ドル(3.3%)高の1オンス=944.50ドルで終了した。

A11日のニューヨーク銅先物相場は3日続落。世界最大の銅消費国である中国の輸入が急減したことが影響した。中国税関当局の11日の発表によると、1月の銅・銅製品の輸入は約23万2700トンと、前月比19%減少した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場3月限終値は前日比3.6セント(2.3%)安の1ポンド当たり1.54ドル。
posted by mori at 08:52 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

ドルは円に対して下落。

NY為替相場レポート

ドルは円に対して下落。


(背景)
ガイトナー財務長官が政府の支援規模が2兆ドルに拡大する可能性があると発表したことで、投資家勢が高金利資産の持ち高減らしに動いたとの観測から円買いが加速。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2885ドルと、前日遅くの1.3020ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=90円27銭と、前日遅くの91円46銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は大幅反発。米 政府の金融安定化策と景気対策がインフレ高進を引き起こすとの思惑から、ヘッジ需要の買いが入り、この1週間で最大の値上がりとなった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は、前日比21.40ドル(2.4%)高の1オンス=914.20ドルで終了した。中心限月としては1月30日以来で最大の値上がりだった。
posted by mori at 09:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが小幅安。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが小幅安。


(背景)
10日に発表される米金融再生計画の中身を見極めたいとのムードが強かった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.3020ドルと、前日遅くの1.2933ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=91円46銭と、前日遅くの92円01銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は1ヶ月ぶりの大 幅安。米議会を通過する景気対策法案が予想より小規模になるとの思惑からインフレ懸念が緩和し、売りが膨らんだ。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は、前週末比21.50ドル(2.4%)安の1オンス=892.80ドルで終了した。
posted by mori at 08:57 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落。


(背景)
1月の米雇用統計で非農業部門雇用者数がエコノミスト予想よりも大幅に減少したことが嫌気されている。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2933ドルと、前日遅くの1.2799ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=92円01銭と、前日遅くの91円10銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場はほぼ変わらず。米景気対策法案が議会を通過するとの思惑から株式相場が上昇し、金の上値を抑えた。UBSとゴールドマン・サックス・グループは今週、金相場の見通しを上方修正した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は、前日比10セント高い1オンス=914.30ドルで終了した。
posted by mori at 13:45 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

ニューヨーク外国為替市場ではドルがしっかり。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルがしっかり。


(背景)
@米国株が上昇した。
Aトリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁は3月の利下げを示唆した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2799ドルと、前日遅くの1.2843ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=91円10銭と、前日遅くの89円44銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は続伸。世界的な景気後退が価値保存手段としての貴金属投資への需要増につながるとの見方が背景。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は、前日比12.00ドル(1.3%)高い1オンス=914.20ドルで終了した。
posted by mori at 08:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが円とドルに対して下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが円とドルに対して下落。


(背景)
@東欧の不振がユーロ圏の不況を深刻化させるとの見方が優勢になった。カザフスタン中央銀行は4日、通貨テンゲをドルに対し18%切り下げた。フィッチ・レーティングスがロシアの債務格付けを引き下げ、ロシア・ルーブルは対ドルで11年ぶり安値に接近した。
A昨年12月のユーロ圏小売売上高指数が前年同月比で予想よりも低下したこともユーロ売りを誘った。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2843ドルと、前日遅くの1.3036ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=89円44銭と、前日遅くの89円39銭と比べ、ややドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は3営業日ぶりに反発。スイスのUBSは4日、2009年の金価格が平均で1オンス=1000ドルになるとの見通しを明らかにし、10月の従来予想を43%上方修正した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は、9.70ドル(1.1%)高の1オンス=902.20ドルで終了した。
posted by mori at 08:58 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが主要通貨に対して下落。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが主要通貨に対して下落。


(背景)
米連邦準備制度理事会(FRB)が緊急貸出制度と主要中央銀行との通貨スワップ協定を延長したため、安全通貨としての需要が弱まった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.3036ドルと、前日遅くの1.2846ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=89円39銭と、前日遅くの89円61銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
@3日のニューヨーク銅先物相場は1週間ぶりの大幅上昇。中国は総額4兆元の景気刺激策の第2段階の支出を開始。石油業界のてこ入れを図る新たな措置を策定する可能性もある。一方、米上院は2日、オバマ大統領が支持する推定8850億ドルの景気対策法案の審議を開始した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場3月限終値は前日比9.1セント(6.4%)高の1ポンド当たり1.522ドル。
Aニューヨーク金先物相場は続落。世界的な景気悪化を背景に、商品全般の需要が減少するとの観測から前日に続き売りが先行した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限は、14.70ドル(1.6%)安の1オンス=892.50ドルで終了した。
posted by mori at 09:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが軟調。

NY為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが軟調。


(背景)
@米供給管理協会(ISM)が朝方発表した製造業景況指数が12ヶ月連続で50を下回った。
A米消費者支出(PCE)も6ヶ月連続で減少した。
BFRBが、大部分の米銀が過去3ヶ月間に貸し出し条件を引き上げたと発表。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.2846ドルと、前日遅くの1.2796ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=89円61銭と、前日遅くの89円94銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
2日のニューヨーク銅先物相場は一時1週間ぶりの安値を付けた。昨年12月の米個人消費支出(PCE)は、統計上最長の6ヶ月連続減少を記録。12月の建設支出も前月比1.4%減となった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場3月限終値は前週末比3.75セント(2.6%)安の1ポンド当たり1.431ドル。
posted by mori at 09:42 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。