2009年08月10日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。


(背景)
7月の非農業部門雇用者数の減少幅が予想を下回ったことでドルに買いが集まった。日本の投資マネーが国外の高利回り資産に流れるとの観測が高まった。

○対ユーロでの動き
1 ユーロ=1.4171ドルと、前日遅くの1.4342ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=97円51銭と、前日遅くの95円43銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は3日続落。ドルが買われ、代替投資先としての金への需要が減退。ニューヨーク商業取引所COMEX部門の金先物12月限は前日比3.40ドル安の1オンス=959.50ドルで取引を終了した。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。


posted by mori at 11:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。