2009年06月17日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。

(背景)
★5月の住宅着工件数が予想を上回ったことで、高利回り資産に買いが集まり、ドルは反落した。
★ブラジルとロシア、インド、中国のBLICsがロシアのエカテリンブルクでの首脳会議で、ドルへの依存低下に向け、国債の相互購入や通貨スワップを検討した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.3833ドルと、前日遅くの1.3793ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=96円40銭と、前日遅くの97円83銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
16日のニューヨーク金先物相場は3営業日ぶりに反発し、取引の中心となる8月渡しは前日比4.70ドル高の1オンス=932.20ドルで取引を終えた。ドルがユーロに対して下落したことを背景に、買いが先行した。ただ5月の米卸売物価指数が市場予想ほど上昇せず、インフレ懸念が後退したため上値は重かった。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 09:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで4月以来の大幅高となった。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで4月以来の大幅高となった。


(背景)
★ロシアのクドリン財務相がドルに全幅の信頼を置くと発言した。
★株価が下げたことで安全への逃避先としてのドルへの需要が強まった。
★欧州中央銀行(ECB)が、ユーロ圏の銀行は2010年末までに推定2830億ドルの追加損失を出す可能性があるとの見方を示した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.3793ドルと、前日遅くの1.4016ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=97円83銭と、前日遅くの98円42銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
15日のニューヨーク取引所の金先物相場は続落し、取引の中心となる8月渡しは前週末比13.20ドル安の1オンス=927.50ドルで取引を終了。ドルがユーロに対して急伸したことを受けて、売りが優勢となった。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 10:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

ニューヨーク外国為替市場ではドルがユーロと円に対して上昇。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルがユーロと円に対して上昇。


(背景)
★与謝野財務相が米国債に対する日本の信頼は揺るがないと発言、世界におけるドルの地位は安泰だと述べたことでドル買いが優勢となった。
★原油が7カ月ぶり高値から反落した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.4016ドルと、前日遅くの1.4095ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=98円42銭と、前日遅くの97円63銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は反落。ドルの上昇で代替投資としての金への需要が後退し、2カ月ぶり大幅安となった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場8月限は前日比21.30ドル(2.2%)安の1オンス=940.70ドルで取引を終了した。この日の下げ幅は4月6日以降で最大。週間ベースでは2.3%安と、2週連続で下落した。年初来では6.4%上昇している。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 09:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが大半の主要通貨に対して下落。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが大半の主要通貨に対して下落。高利回り資産への買いが優勢となった。


(背景)
★5月の米小売売上高が前月比0.5%増と、3カ月ぶりにプラスとなった。
★6日に終わった週の米新規失業保険申請件数が前週から減少した。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.4095ドルと、前日遅くの1.3969ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=97円63銭と、前日遅くの98円20銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
11日のニューヨーク金先物相場は上昇し、取引の中心となる8月渡しは前日比7.30ドル高の1オンス=962.00ドルで取引を終えた。ドル安、原油先物相場が堅調に推移したことが支援材料となった。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 09:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロ、円で反発。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロ、円で反発。


(背景)
★10年物で比較したドイツ国債に対する米国債の上乗せ利回りが2007年10月以来の最大に拡大したことから、ドル建て資産の投資妙味が増した。
★リセッションが世界的に和らぎつつあるとの観測から、円で調達した資金を高利回り資産に投じるキャリートレードが活発化するとの思惑から売られた。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.3969ドルと、前日遅くの1.4068ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=98円20銭と、前日遅くの97円40銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場はほぼ変わらず。外国為替市場でドルが反発したことから代替投資としての金買いが鈍った。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場8月限は前日比変わらずの1オンス=954.70ドルで取引を終了した。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

ニューヨーク外国為替市場では、ドルが対ユーロで3日ぶりに反落。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場では、ドルが対ユーロで3日ぶりに反落。


(背景)
★世界的なリセッションが終息に向かっているとの観測から、逃避先としてのドルへの需要が後退した。
★ゴールドマン・サックス・グループはユーロを対ドルで買うことを顧客に推奨。世界経済の見通し改善と、高利回り資産がより広範に需要を取り戻していることを理由に挙げた。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.4068ドルと、前日遅くの1.3892ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=97円40銭と、前日遅くの98円52銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
9日のニューヨーク金先物相場は 3営業日ぶりに反発し、取引の中心となる8月渡しは前日比2.20ドル高の1オンス=954.70ドルで取引を終えた。外国為替市場でドルがユーロなどに対して下落したことが支援材料となり、一時は8月渡しが964.50ドルまで上昇した。前日までの続落による割安感も買いを誘った。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 10:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

ニューヨーク外国為替市場では、ドルが対ユーロで1週間ぶり高値に上昇。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場では、ドルが対ユーロで1週間ぶり高値に上昇。


(背景)
★米経済の回復に伴い米連邦準備制度理事会(FRB)が年末までに政策金利を引き上げるとの観測が高まったことが背景。
★米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がアイルランドの信用格付けを引き下げたことがきっかけ。S&Pによるアイルランド格下げは今年に入り2度目。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.3892ドルと、前日遅くの1.3969ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=98円52銭と、前日遅くの98円82銭と比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
8日のニューヨーク金先物相場は続落し、取引の中心となる8月渡しは前週末比10.10ドル安の1オンス=952.50ドルで取引を終了。中心限月の終値としては5月21日以来、約2週間ぶりの安値水準となった。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 08:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

ニューヨーク外国為替市場では、ドルが対ユーロで4月以来の大幅高。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場では、ドルが対ユーロで4月以来の大幅高。対円では3週間ぶり高値を付けた。


(背景)
5月の米雇用者数のマイナス幅がエコノミスト予想を大幅に下回ったことから、米経済主導で世界経済がリセッションから脱却すればドル建て資産の価値が上昇するとの見方が強まった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.3969ドルと、前日遅くの1.4178ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=98円82銭と、前日遅くの96円66銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は下落。対ユーロでドルが急伸したことが背景。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場8月限は前日比19.70ドル安の1オンス=962.60ドルで取引を終了した。

外国為替(FX)に関する、レポート、ニュース、レート情報をご覧いただけます。

posted by mori at 08:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが円とポンドに対して上昇。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが円とポンドに対して上昇。

(背景)
欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁がリセッションは最悪期を過ぎた兆しが見られると発言したことが手掛かりとなった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.4178ドルと、前日遅くの1.4154ドルと比べ、ドル安でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=96円66銭と、前日遅くの95円98銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
ニューヨーク金先物相場は上昇。対ユーロでドルの軟調を背景にインフレリスクが高まるとの観測から、ヘッジとしての金の魅力が強まった。ドルは再び下げに転じ、商品相場を押し上げた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場8月限は前日比16.70ドル高(1.7%)の1オンス=982.30ドルで取引を終了した。
posted by mori at 09:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

ニューヨーク外国為替市場では、ドルが対ユーロで反発。

為替相場レポート

ニューヨーク外国為替市場では、ドルが対ユーロで反発。5営業日ぶりに上昇した。


(背景)
ユーロ圏の1−3月(第1四半期)実質GDP(域内総生産)改定値が過去最大のマイナス成長となった。

○対ユーロでの動き
1ユーロ=1.4154ドルと、前日遅くの1.4311ドルと比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

○対円での動き
1ドル=95円98銭と、前日遅くの95円74銭と比べ、ドル高でNY時間の取引を終えた。

(ご参考)
3日のニューヨーク取引所の金先物相場は反落し、取引の中心となる8月渡しは前日比18.80ドル安の1オンス=965.60ドルで取引を終えた。ドルがユーロに対して反発したことから、売りが先行した。最近の上昇による利益確定売りも重しとなった。
posted by mori at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。